BIGLOBE WiMAX 2+は評判よりも規約に注意

ビッグローブWiMAXを契約する前に

WiMAXを契約する場合に、表示されている値引金額の大きさから契約する方も少なくないと思います。

ただし周囲を見渡して見比べてみれば、その魅力が本当に優れているのか分かってきます。

BIGLOBEは端末代金がネック

伝えたい事はこれだけです。BIGLOBEで契約する前に、端末代金をしっかり把握しましょう。

クレカ払いの場合端末代は表向き0円

クレジットカードで支払う場合、機種代金は表向き0円で手に入ります。

ただしこれには注意書きがかかれているのでしっかり把握しておく必要があります。

※データ端末代(800円(税別)×24カ月)およびデータ端末代相当値引きを含みます。データ端末代は24カ月以内にBIGLOBEを退会またはWiMAX 2+を解約された場合は残債分を一括でお支払いいただきます。

つまり24カ月間×800円=19,200円(税別)を毎月支払い、BIGLOBEがその分を免除しているから0円になっている、という仕組み。

24カ月以内に解約する場合には、そのうち残った額を「解約手数料とは別」に支払う必要があるという事です。

キャッシュバックと月額割引の総支払額は?

条件は、ギガ放題3年プラン、端末発送月の翌月を1カ月目として、36カ月を契約期間とし、37カ月目の満了更新月の月末まで利用したと仮定した数字です。

月額割引もキャッシュバックも、大きな差はありません。

受け取り損ねる危険性を考えると、差額を支払っても月額割引プランのほうが良いかもしれません。

総合的に考えると魅力に欠ける

どうしてもBIGLOBEでなければならない、という場合を除き、新規に契約するにはどうしても考えてしまいます。

BIGLOBEをお勧めできるのは、既に固定回線などでBIGLOBE会員である場合です。この場合、ベーシックコース代の6400円が不要となる事から、契約のメリットが出てきます。

ただしやはり2年間は解約しない、という点が条件となるので、よほど解約する事は無いと自信のある方のみ契約を考えるべきところです。

WiMAX購入

Posted by kagami