縛りなしWi-Fiのメリットとデメリット公開!借りる前に知りたいポイント!

2019年7月3日

2019年のレンタルWi-Fi界は縛りなしWi-Fiが中心となって動いていく模様です。

3月に入り、引っ越し需要が増加した事もあり、在庫がどんどん少なくなっている様子。問い合わせにも時間がかかる状況が続いています。

4月ごろまではこの状況が続くと見られますので、必要な方はお急ぎください。

正直、WiMAX機種が手元に届いたら、それは購入するより大当たりです。

縛りなしWi-Fiについて詳しく

縛りなしWi-Fiは月額3200円でモバイルWi-Fi、ポケットWiFiをレンタルできるサービスです。

1カ月単位でレンタルするもので、いつ辞めても「解約手数料が無料」なのが特徴です。そして最大の特徴は「業界最安級の月額3,300円(税抜)」という破格の値段という事です。

13カ月目以降が2800円(税抜)に大幅値下げされることになり、注文が殺到しているようです。

これは月額レンタルの同業他社からすると、驚異的な価格です。引っ越しシーズン前に押さえておかなければ最悪品切れもあり得るくらいの値段設定である事をまずはお伝えしておきます。

月間通信量の縛りなし!ギガ無制限のモバイルwifi

そして縛りなしWi-Fiは、月間通信制限がありません。1カ月使いすぎても金額は変わりません。1年目3200円、2年目2800円です。もちろん業界最安値級です。ここより安い条件を探すのは難しいでしょう。

WiMAXの場合、3日間で10GB を超えると、3日間で10GBを下回るまで速度制限がかかります。

ソフトバンクの場合、1日3GBを超えると、その日は速度制限がかかります。

一時的な速度制限がかかりますが、月間使用量は無制限なので、一時的にオーバーしてしまっても、少し待てばいつも通りに使う事ができます。

解約縛りなし!いつでも退会が可能!

レンタルなので、2年縛りや3年縛りといった縛りはありません。いつ辞めても解約手数料が全くかかりません。

解約手続きはいつでも可能なので、都合の良いタイミングで辞めることが出来ます。

辞めることができますが、2年目月額2800円の条件は、購入するよりも安く、この条件を超える好条件を探すのは難しいので、端末に不満が無ければ持ち続けるほうが良いくらいです。

購入のほうが速度が速いわけではありません。あくまでも利用環境で速度は決まるので、遅いから別に乗り換えても改善するのは難しいでしょう。

この好調さは2年目値下げによるものもあるので、品切れの前に押さえておきたいところです。

工事不要のインターネット

縛りなしWi-Fiは工事が不要です。レンタルWi-Fiが届いたらその日にすぐ利用開始することができます。

長期出張が決まった方、長期療養が必要な方、固定回線を引くまでの繋ぎ、スマホのパケット代を抑えたい方、工事立ち合いをしたくない方、壁に穴を開けられない方などは、まさにポケットWiFiが救世主になるはずです。

女性の一人暮らしや、工事立会日を指定できるほど暇がない方などに良く選ばれる上、固定回線は解約手数料がかかるので、まずはモバイルwifiで問題が無いか試してからでも良いかと思います。

事務手数料もかかりません!

実はこれがかなり大きな魅力です。他の会社ではレンタルであっても事務手数料を取るところが珍しくありません。

縛りなしWi-Fiでは事務手数料も一切無料なので、本当に月額費用だけで済ませることが出来ます。

2000円や3000円など事務手数料がかかると、月あたり100円~200円高いのと一緒ですから、これが0円なのは縛りなしWi-Fiの大きな魅力といえるわけです。

送料無料でタダ!最短翌日到着!

ここまで来ると至れり尽くせりすぎて怖いくらいですが、送料も無料です。

申し込み時間が平日16時、土日祝13時までなら、基本的に当日発送、多くのエリアで翌日到着となります。

申し込んでからすぐに届くのは嬉しいですし、もちろん届いたその日からインターネット無制限で使えるのは最高ですね。

返送の際には発送費がかかりますが、これを含めても十分すぎるほど安い条件です。

なお、利用期間が長引くと最初に届いたものがすべて揃っているか不安になる事もありますので、届いたタイミングでスマホで写真を撮影しておくと、返送する際に戸惑う必要がありません。

Wi-Fiが利用できるエリアは全国

エリア確認は以下をご覧ください。
・WiMAX

https://www.uqwimax.jp/area/wimax/

・SoftBank

https://www.softbank.jp/mobile/network/area/

WiMAXもソフトバンクも人口カバー率99%ですから、人が住む場所はほぼどこでも使えると考えて問題ありません。

人によってはWiMAX(AU系)よりソフトバンクのほうが電波が強い事が分かっている場合もあると思います。そんな時は申込の際に一言添えておけば、希望を聞いてくれる事が多いようです。

縛りなしWi-Fiのデメリット

縛りなしWi-Fiのデメリットは機種が指定できないという事です。

届く可能性のある機種は、WiMAX機種ではW04とWX05。ソフトバンクでは502HWと603HWですが、機種情報には小さく「 ※在庫状況によっては上記以外の端末をお送りする場合がありますのでご了承下さい。」とあります。

実際に利用した方によると、ソフトバンクでFS030Wが届いたというケースもあるようです。

通信速度は機種によって大きく変わらないと思われますし、FS030Wは端末自体の評価はむしろ高いので必ずしもハズレとは言えません。

掲載されていない端末が来るのはどうしても避けたい、という場合には次いで最安値級の条件となるFUJI WiFiを利用することになると思います。(月額3200円)

WiMAX機種はハイスピードプラスエリアモードは使うと別途料金がかかってしまいますが、ハイパフォーマンスモードであれば問題ありませんから、それだけでも速度面は心配する必要はありません。

1年間使っても3万9600円

1年間使ったとしても39600円ですし、2年目からは2800円にプライスダウンですから、仮に3年間使ったとしても、購入するより断然安いです。

しかも辞めたい時に辞められるというのは、WiMAXの他のプロバイダからしてもちょっと厄介でしょう。それくらい縛りなしWi-Fiは攻めてます。

在庫僅少になる前に好条件を押さえよう!

さらに縛りなしWi-Fiは、初期費用も無料です。解約手数料も無料。本体代金も無料。送料も無料です。オプションですら必須ではないので、解約する際の返送は自己負担になりますが、実際には月額料金と返却料金のみ考えておけば大丈夫という、レンタル事業者の中でもかなり好条件を提示しています。

かなり条件の良い縛りなしWi-Fi。まだこれからどんどんユーザーが増えていくと思われます。今までも業界最安値級だったのに、13カ月目から2800円へ割引でさらにライバルに差をつけた格好になりました。

届く製品に他社となんら違いはありませんから、単純に値段の勝負になります。繰り返しますが、13カ月目から割引されるとはいえ、1年目が高いというわけではありません。初期費用無料、受け取り送料無料を加味すれば十分安い価格です。

引っ越しシーズンの前に、押さえたい方はお急ぎください。少なくとも今はまだ、という方も縛りなしWi-Fiはお気に入り登録しておくべきサイトなので下記のリンクからお進みください。