自宅に固定回線がある人はプロバイダをチェックしよう

2019年7月3日

モバイルwifiのサイトで固定回線の話を少しさせていただきたい。

自宅にインターネット回線がある、という方で、「でも屋外で使いたいからモバイルwifiを使っています」という方は少なくないと思います。

そんな時に、価格だけで決めたりすると、意外と落とし穴にはまったりします。

特にso-netとniftyは。

So-net会員は毎月200円引き

So-netのWiMAXサイトには次の文言があります。

「 記載の月額料金にはモバイルコース料金(月額200円)が含まれています。So-net接続コース会員の方はこの費用が発生しません。」

条件はありますがSo-net既存会員であれば毎月200円安くWiMAXを利用できるという事になります。

So-net モバイル WiMAX 2+

niftyも毎月250円引き

niftyにも同様のサービスがあります。ウェブサイトに記載された情報では

「 250円(ほかの@nifty接続サービス併用の場合は不要) 」とあります。

こちらはniftyのサービスを他で利用している人は、250円かからないですよ、という内容です。

【@nifty WiMAX】キャッシュバックをお得にGet

インターネット固定回線のプロバイダは普段意識しない

インターネットを一度利用すると、プロバイダがどこかという事は全く意識しません。

今更ながら筆者の体験談ですが、当サイトではniftyがおすすめですよ、と再三伝えてきましたし、自分自身もniftyに契約しているのですが、ふと自分の固定回線のプロバイダを確認したところ、so-netでした。

つまり、私の場合はso-netを利用するほうが総合的に得られる恩恵は高いという事になるわけです。

こうした事は多くの方にも当てはまるだろうと思います。

WiMAXを契約する前には、一度固定回線のプロバイダを確認することをお勧めします。

特に関東圏ではso-netのnuro光が強いですし、地方ではniftyプロバイダが格安である事も少なくありません。

WiMAXを契約する場合には、固定回線のプロバイダを必ず確認してから、契約するようにしてください。

auスマートバリューも同様

特に1カ月あたり最大1000円の割引が適用になるauスマートバリューが使えるのに契約していない場合も考えられます。

家族のだれかがau会員であれば、契約名義次第ですが1000円引きで利用できるようになるので、家族の通信契約内容を確認してからWiMAXに申し込めば、それだけでキャッシュバックを受けるよりも大きな還元額になります。

もちろんキャッシュバックがある場合にはそれも受け取れるようになるので、その場合はレンタルするよりもお得に利用できるので、極力利用するようにすべきです。

かくいう筆者は4月のキャッシュバックを待ってからso-netに乗り換える予定でいます。途中解約は高くつく、と思われがちですが、実際には事情が異なる場合もあるので、惰性で続けて損し続けることは避けてもらいたいのが、このサイトの意義であり願いでもあります。

So-net モバイル WiMAX 2+

【@nifty WiMAX】キャッシュバックをお得にGet

WiMAX購入

Posted by kagami